腸内環境を整えて健康に|美脚を目指すなら足のむくみを解消|アイテムを利用して簡単改善

美脚を目指すなら足のむくみを解消|アイテムを利用して簡単改善

腸内環境を整えて健康に

ウエスト

善玉菌が注目されている

最近、ビフィズス菌サプリをとったり腸内環境をよくすることで健康的になれるということが話題になっています。腸は食物としてとった栄養素や水分を吸収する大切な器官です。その環境を整えるとは、腸内細菌のバランスをとるという意味です。腸内には300種類の細菌が100兆〜1000兆個が住んでいます。腸内細菌は大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌にわけられます。善玉菌は食物を分解して体にとって有益な物質を作り出す菌、悪玉菌は有害な物質を作り出す菌、日和見菌は普段は善玉でも悪玉でもないが、どちらかの菌が優勢になるとそちらの味方をする菌です。その比率は健康な人では2:1:7になっていて、そのバランスが崩れて善玉菌の比率が減ると体調が悪くなってきます。そこで善玉菌のビフィズス菌をサプリをとれば体調改善につながると期待されています。

善玉菌サプリの特徴

善玉菌のサプリの素材としてはビフィズス菌の他に乳酸菌もよく知られています。ビフィズス菌は腸内の善玉菌の大半を占めているために、こちらをとる方が腸内環境を整えるために適していると言われています。ビフィズス菌を使った商品はサプリだけでなく、ヨーグルトなども売られています。商品を選ぶにあたって注意すべき点があります。それは胃液への対策がされているかどうかです。胃液は強い酸性のために多くの細菌が死んでしまいます。そこでビフィズス菌サプリの中には胃酸に強い菌をつかったものや、腸の中で溶けるカプセルに菌をつめたものがあります。ビフィズス菌サプリの中には「生きたまま腸に届く」ということをキャッチフレーズにしたものがあります。ビフィズス菌サプリを選ぶ際には、その点をしっかりと確認することが大切です。